Temps à deux Têtes - 二つの頭をもつ時間

新作、箏と電子音のための「二つの頭をもつ時間」のプログラムノートです

 Temps à deux têtesでは時間は解剖され、

日常では不可聴なその「瞬間」が切り取られ、引き延ばされ「永遠」を呈し、

音はヌードどころか、スペクトルに解剖され、

様々な速度や音形をもって姿を現す

 未来から過去と過去から未来への時間が同時に流れる「2つの頭を持つ時間」はかの記憶力が数分しかもたない男の話のごとく切断され、交互に現れる

わたしは音楽を時間的な閉ざされたグリーユからなるべく自由にし、

多方向へのびるインフィニティの回廊の上を「浮遊する時間」をそこに見てみたいと思ったのだ

 音楽マテリアルはその時間という身体から脱出したいという強度の

抗し堅い欲求のエネルギーに横断されつづける

Temps à deux Têtes - sur lequel deux directions chronologiques en miroir s’écoulent en parallèle - est amputé, comme l’histoire d’un homme avec une mémoire à courte terme, et trouble la mémoire. Le son est disséqué à son intimité - le spectre … Les hauteurs et les vitesse des notes déformées en discontinuation déforment le temps. Les matériaux musicaux seront traversés par la forte énergie d’une envie de s’échapper de son corps - son propre temps musical ….

特集記事
Posts à venir
Tenez-vous à jour...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square